私たちは、ノーマライゼーション理念に基づき、すべての人々が安全・快適に生きがいを持って生活できる住生活環境の整備・向上を通して、社会福祉の増進に寄与しています。

助成金による福祉住宅建築支援

概要

josei2017高齢者や障がい者が安全で快適に暮らせる住宅、また将来身体機能が低下しても安心して生活できる住宅として新築したりリフォームした建築主、およびグループホームや高齢者向けアパートなどの福祉小規模集合住宅の建築主から応募を受け、審査のうえ今後の参考に資する施工物件に対して助成金(5~30万円)を給付しております。

平成元年より平成25年度まで、累計273件、総額6,470万円の助成を行ってきました。

助成の対象者 高齢者や障がい者が安心して暮らせる住宅、また将来身体機能が低下しても安心して生活できる住宅として新築やリフォームした建築主
福祉住宅:新築(バリアフリーにした物件)やリフォーム(住宅内外の手すり・スロープ・トイレ・浴室等)の住宅改善・改修した建築主
福祉小規模集合住宅:グループホームや高齢者向けアパートなど(10名程度居住)の建築主
支援内容 福祉住宅建築を助成金(5~30万円)で支援
応募期間 平成29年5月1日~平成29年11月30日(必着)年1回公募
応募対象 原則として平成28年度12月以降に工事が完成した物件
決定および助成金の支給 発表:平成30年2月(書面にて連絡)、支給:平成30年3月
*助成金対象物件は、当財団発行の福祉住宅助成実例集『ふれあい』に掲載させていただきますので、事前に取材の承諾をおねがいいたします

応募要項・申請書

福祉住宅建築助成  「応募要項」
申請書ダウンロード (福祉住宅用)
申請書ダウンロード (福祉小規模集合住宅用)

福祉住宅助成実例 ~ 「ふれあい」掲載の福祉住宅をご紹介

福祉住宅建築助成建築実例集 「ふれあい」発行(誌面のご紹介)

玄関の実例

トイレの実例

水まわりの実例

屋外を楽しむの実例

家族団らんの実例

お気軽にお問い合わせください TEL 011-613-7551 受付時間 9:00 ~ 17:00 (土・日・祝日除く)

PAGETOP